MayaのScript(MEL,Python)の使い方

3次元コンピュータグラフィックスソフトウェアのMayaのScriptの使い方を解説します.

Mayaは学生ライセンスを取ると無料で使用することが出来ます.

言語はMEL(Maya Embedded Language)とPythonを使用することが出来ます.

MayaのGUIはMELで作られているそうなので,MELの方が親和性は高そうですがPyhonの方が一般的で文法も分かりやすいと思います.

今回の目的

今回は3次元座標で与えられる粒子を入力し,レンダリングしてみます.

 

Scriptの実行方法

mel

mayaを起動すると左下部にコマンドラインが有り.Scriptを書くことが出来ます.

MELとPythonをクリックで切り替えることが出来ます.

上記の例ではMELのsphereコマンドを入力し,エンターで実行できます.

view

 

スクリプトエディタの表示方法

今後はウィンドウ -> 一般エディタ ->スクリプトエディタから起動したエディタにスクリプトを書いていきます.

open editor

scripte ditor

スクリプトエディタをうまく利用することでGUIで実行したスクリプトがわかるため,スクリプトを書くのに重宝します.

 

スクリプトの書き方

今後はpythonでスクリプトを書いていきます.

このスクリプトで100枚の画像を生成することが出来ます.

レンダリングにはmentalrayを使用しました.

あらかじめ.input_particleというparticleをシーンに置く必要があります.

ここでは,出力ファイル名と拡張子を設定しています.

 

基本的にmayaのコマンドを使用するには,公式のリファレンスを読むといいと思います.

少し慣れが必要ですが,MELで書かれている関数をpythonの文法に変換して読みます.

呼ぶときは”maya.cmds.”の後に関数を書けばpythonからでも呼び出すことが可能です.

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">