Apple WatchでiPhoneと情報のやりとり(handleWatchKitExtensionRequest)

Apple Watch の開発を続けています。

今回はiPhoneから情報をもらってくる処理についてやります

 

親iPhoneとのデータ通信

Apple Watchだけで完結するアプリであれば、iPhoneとの通信をする必要はありませんが、

ほとんどの場合はiPhoneとの通信が必要になると思います。

また、Apple Watch側で重い処理を走らすことは推奨されていないようです。

 

Apple Watch側の実装

今回はButtonを押したときに、iPhoneから情報をもらってくる例でやりたいと思います。

まずは、ボタンを押したときに呼ばれるメソッドです。

これは、StoryBoard上のとIBActionで結ばれています。

第一引数のDictionaryがiPhone側に送信されます。

 

iPhone側の実装

iPhone側では先ほど実装したメソッドにより、Dictionaryが送られてきます。

これを、AppDelegateで受け取ることができます。

こうすることによって、DictionaryをApple Watch側に返すことができます。

 

Apple Watchとの通信がこれでできるようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">