[オプショナル]Swiftを書くための再入門7

Swift再入門の7記事目です!

これまでの記事はこちら

今回はオプショナルについて解説していきます!

オプショナル型とは?

オプショナル型はnilを代入できる特殊な型です。

オプショナル型は型に?をつけて宣言します。

 

Optional Binding

if letを使ってアンラップすることをOptional Bindingといいます。

 

Guard文

Swift2.0からGuard文が追加されました。

早期リターン、アンラップした変数をguard文の後も使えるという特徴があります。

アンラップに失敗した時はスコープから抜け出すことが保証されています。

 

nil合体演算子

nilだった場合はある値を代入すると言った処理を行う場合が有ります。

この時はnil合体演算子を使うことで簡単に記述することが出来ます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">