[コマンドライン]Swiftを書くための再入門3

Swift再入門の3記事目です!

一回目はこちら、二回目はこちら

今回はコマンドラインでSwiftを使用することについて書いていきます!

 

Swiftのコンパイル

コマンドラインでswiftc -vと入力してswiftのコンパイラが入っているか確認します。

入っていいない場合はXcodeを再インストールすることで入れることが出来ます。

下記のようなSwiftファイルをコンパイルしていきます。

 

 

swiftのファイルがコンパイルされ、実行することができています。

-oオプションをつけることで実行ファイル名を指定出来ます。

オプションに関しては

で見ることができます。swiftには最適化についてのオプションが有ります。

  • -O                      Compile with optimizations
  • -Onone                  Compile without any optimization
  • -Ounchecked             Compile with optimizations and remove runtime safety checks

ArrayやDictionaryの最適化をすることで高速に実行させることが出来るようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">