[制御構文]Swiftを書くための再入門2

Swift再入門の2記事目です!

一回目はこちら

今回は制御構文について書いていきます!

 

ラベル付きの制御構文

while文やfor文にラベルをつけてループから抜け出すことが出来ます

上記の例ではhello worldは出力されません。2重の無限ループになっていますがbreak文で抜け出すことが出来ます。

continueにもラベルを適用することが出来ます。

同様にif文にもラベルをつけてぬけ出すことが出来ます。

上記の例のように2重のifからでもbreak文にラベルを用いる事で抜け出すことが出来ます。

 

do文

do-catch文のcatchを省略して書くことが出来ます。

do文内で変数を定義するとその中でしか使えない一時的な変数として使うことが出来ます。

コードは読みにくくなる恐れがあります。do文もラベルを定義してbreakで抜け出すことが出来ます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">