RxSwiftに入門して使ってみた

RxSwiftとは

SwiftでReactive Programmingができます。

Reactive Programmingに関しては詳しく解説しません。

RxwiftはReactiveX(Rx)のSwift版で有り、他にもRxJavaなど他言語もたくさんあります。

 

RxSwiftで何が出来るか

データバインディングが行えます。

具体的には、テキストインプットの入力をリアルタイムにラベルに反映させるといった事ができます。

iOSでこのような処理を行うにはdelegateを使うなどといった方法がありますが、RxSwiftを用いると簡単に実装出来ます。

今回は入門としてこの例をやってみたいと思います。

 

RxSwiftのインストール

cocoapodsでインストールできます

 

RxSwiftのサンプルプログラム

 

テキストフィールドに入力したHello World がリアルタイムにラベルに反映されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">