Xcode7.1でPythonを実行する環境をつくるまで

iOS開発で日常的に使用しているXcodeで開発をしたほうが捗ることが多くあります。

今までは、Xcodeなどで編集してからTerminalで実行していました。

今回はXcodeでPythonの実行までを貼ってみたいと思います。

 

プロジェクトの作成

1

まずは通常通りにXcode projectを作成します。

2

OtherからEmptyを選択します。

Project Nameは自由に設定してください。

 

Pythonファイルの追加

 

3

4

実行したいPythonファイルを追加してください。

ここでは、main.pyを追加しました。

 

 

スキームの作成

5

Product->Scheme->New Scheme

から新しいスキームを作成してください。

6

名称は自由ですがpythonRunとしました。

 

スキームの編集

7

Runのinfoの設定は上手の画像の通りにします。

ExecutableではPythonを設定します。

通常/usr/bin/pythonのpathを設定します。⇧⌘G(shift+command+g)でディレクトリの移動ができます。

8

ArgumentsのArgument Passed On Launchでは先程の実行ファイルを指定します

9

OptionsのWorking Directoryは実行ファイルのパスを指定します。

これで準備が整いました。

 

Pythonの実行

簡単なscriptを書いて実行してみます。

 

10

実行できました。

同様にやると他の言語でも出来ると思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">