[script]RealFlowでparticleをscriptで配置する

今回はRealFlowのParticleの初期配置をスクリプトで行います.

scriptを使用することで自由な配置が実現します

 

パーティクルデータ

用意したパーティクルデータは次の通りです

上記の8箇所に粒子を配置します

速度場はx成分だけを持っています

 

スクリプト

スクリプトの書き方がわからない場合は前回の記事を参考にしてください

RealFlowのScript(Python)の使い方

まずは,シーンにエミッタを配置します.

今回はContainerを配置し,その名前をContainer01としておきます.

PARTICLE=DATA=PATHは適宜変更してください

ここでパーティクルの位置と速度を設定しています.

最後にemitter.addParticleを呼べば追加することが出来ます.

 

 ビデオ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">